【初心者のための読書ガイド】読書で人生を変える方法

読書

勉強のために読書を始めようと思っているんですよね。読書を始めるにあたって参考になる情報ないかな?

ひろ
ひろ

社会人の方こそ、読書で勉強してほしいですね。

初心者の方に参考になる情報をまとめました!

学生時代は一生懸命勉強していたのに、社会人になると、ほとんど勉強しない方多いと思います。

学生と違って、社会人はスキルアップすることで、直接収入アップにつながります。

社会人が勉強しないなんて勿体ないですよね。

勉強する方法は、いろいろあると思いますが、手軽にできて、効果が高いのが読書です。

まずは読書から勉強を始めてほしいですね。

読書初心者の方に参考になる情報をまとめましたので、参考にしてみて下さい。

この記事を読んで分かること
  • 読書のメリット
  • 読書の始め方
  • 読書の効果を高める方法
  • 読書を継続する方法
この記事を書いている人

仕事が終わってから、年間100冊ペースの読書をしている

初心者のための読書ガイド

今回ご紹介する内容は、以下のとおりです。

  1. 読書をするメリット
  2. 読書をする意味
  3. 読書の始め方
  4. 紙の本、電子書籍それぞれのメリット
  5. 読書の効果を高める方法
  6. 読書に最適な時間
  7. 読書に集中する方法
  8. おすすめの読書ノート
  9. 読書を継続する方法

それでは一つずつ見ていきましょう。

読書をするメリット

本を読むことで、得られるメリットは以下のとおりです。

こんなにメリットがあるのに、読書しない手は無いですよね。

  1. 成功するまでの時間を短縮できる
  2. 長生きすることができる
  3. コミュニケーション能力が向上する
  4. 集中力が上がる

読書をする意味

私が考える読書の意味は、以下のとおりです。

直接的なメリットがあるだけでなく、ものごとを考える基礎力をつけることができます。

  1. 考える力を鍛える
  2. 視野を広げる
  3. 成功までの時間を短縮する

読書の始め方

読書が始められない原因とその対策は、以下のとおりです。

少しでも始めたいなと思った方は、その想いを大事にしてほしいです。

  1. 大量の文章を読むのが苦手な方
     →オーディオブックを活用する
  2. 時間が無い方
     →他にやることを削る。無意識の決断を減らす
  3. モチベーションが続かない方
     →読書の目的を考え、達成した状態を想像する
  4. 本を読むと眠くなる方
     →起きて2時間以内に読書する、立ちながら歩きながら読書する

紙の本、電子書籍それぞれのメリット

紙の本のメリットは、以下のとおりです。

  1. メモ書きしやすい
  2. 寝る前に読んでも脳が興奮しない
  3. 古本を安く購入でき、読んだ後に売れる
  4. ページの中身を探しやすい

これに対して、電子書籍のメリットは以下のとおりです。

  1. 場所をとらない
  2. 持ち運びが楽
  3. いつでも購入できて、すぐ読める
  4. 字の大きさを変えられる

それぞれのメリットを考えて、どちらで始めるか選んでみて下さい。

読書の効果を高める方法

読書の効果を高める方法は、以下のとおりです。

読むこと自体が目的ではありません。内容を身につけて、自分の行動を変えることが目的です。

効果を高めるためには工夫が必要です。読書効果を高める方法は以下のとおりです。

  1. アウトプットする
  2. 気に入った本を繰り返し読む
  3. 同じジャンルの本を何冊も読む
  4. 1つでいいので、本の内容を実践する

読書に最適な時間

1日のうちで、読書に最適な時間帯は以下の2つになります。

朝起きてから、2~3時間以内は、頭を使うような本を読むのに適しています。

眠る2時間前から眠る直前までは、リラックスできるような本を読むのに適しています。

  1. 朝起きてから、2~3時間以内
  2. 眠る2時間前から眠る直前まで

読書に集中する方法

読書に集中する方法は、以下のとおりです。

集中できない状態で本を読んでいても、頭に入らないので時間の無駄になります。

皆さん忙しいので、集中して取り組むことで、時間を効率的に使いたいですよね。

  1. 頭に浮かんだ言葉を紙に書き出す
  2. 読みながらメモを取る
  3. 本が合わなければ読むのをやめる
  4. オーディオブックを聞く
  5. 読書環境を整える

おすすめの読書ノート

おすすめの読書ノートは、マインドマップです。

マインドマップとは以下に示すように、内容を放射状に図で表したものです。

読書を継続する方法

読書を継続するための方法は、以下のとおりです。

習慣化できるまでは、継続が難しいですよね。工夫して習慣化できると後は楽になります。

  1. 本を読むタイミングを決める
  2. 自分のお金で本を買う
  3. 面白くない部分は、読み飛ばす
  4. 読み終わったらSNSにアップする
  5. 目標を設ける

初心者のための読書ガイドまとめ

今回ご紹介した内容は以下のとおりでした。

  1. 読書をするメリット
  2. 読書をする意味
  3. 読書の始め方
  4. 紙の本、電子書籍それぞれのメリット
  5. 読書の効果を高める方法
  6. 読書に最適な時間
  7. 読書に集中する方法
  8. おすすめの読書ノート
  9. 読書を継続する方法

読書初心者の方は、この記事の内容を参考にして、読書で人生を変えてみて下さい。

最後までお読み頂きありがとうございます。

ひろ

こんにちは、ひろと言います。

京大院卒でメーカーに勤める40代の材料エンジニアです。
最近は、年間100冊ペースで読書をしており、その内容や社会人生活で得た経験をこのブログでアウトプットしていきます。

ひろをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました