【ワークライフバランス実現】時間を作りたい人におすすめの本5選

読書

仕事が忙しくて、なんとかしたいんですよね。自分の時間を作る方法を勉強したいなあ。

ひろ
ひろ

仕事やるだけで1日が終わるのはもったいないです。

自分の時間を作ってやりたいことをやる人生に変えていきたいですよね。

自分の時間を作りたい人におすすめの本を紹介します!

自分のやりたいことをもっとしたいけど、仕事するだけで1日が終わってしまう方少なくないと思います。

仕事のスピードを上げて、残業時間を減らし、自分の時間をもっと増やしたいですよね。

仕事のスピードが上がると、評価も上がり、収入アップにもつながります。

自分の時間を作りたい人におすすめの本を5冊を紹介いたします。

これらの本を読むことで、仕事の効率が上がって、自分の時間が持てますよ。

この記事は、こんな人におすすめ
  • 仕事を効率化して、残業時間を減らしたい方
  • やりたいことがあるけど、時間がなくて始められない方
  • 仕事の成果を上げたい方
  • 読書好きな方
この記事を書いている人
  • 仕事が終わってから、年間100冊ペースの読書をしている
  • 仕事が終わってから、週5ペースで、2~3時間ブログを書いている。

【ワークライフバランス実現】時間を作りたい人におすすめの本5選

自分の時間を作りたい方におすすめの本5選は以下になります。

  1. 神・時間術      
    著者 樺沢紫苑 
  2. 超時間術       
    著者 Daigo
  3. 「仕事が速い」から早く帰れるのではない。「早く帰る」から仕事が速くなるのだ。
    著者 千田琢哉
  4. 6時に帰るチーム術   
    著者 小室淑恵
  5. エッセンシャル思考  
    著者 グレッグマキューン

それでは、一冊ずつ見ていきましょう。

神・時間術   

最初にご紹介するのは、樺沢紫苑著「神・時間術」です。

この本では、仕事時間を「時間」と「集中力」の二つの要素で考えています。

高い集中力を発揮できる時間帯に、集中力が必要な仕事に取り組むことで、効率が大きく上がります。

このように1日の時間をどの時間帯も同じものと考えるのではありません。

それぞれの時間帯で集中力の最大値を考え、仕事の進め方を効率化します。

また落ちた集中力の復活方法についても、紹介されています。

この本を読んで分かること
  • 脳の機能を活かす集中力の高め方
  • 朝、昼、夜 時間帯ごとの効率的な働き方
  • 自由時間の有効な活用方法

超時間術       

次にご紹介するのは。Daigo著「超時間術」です。

この本は、時間がないのは勘違い!現代人は週40時間も時間を余らせていると主張しています。

時間がないと感じるのは、時間感覚のゆがみが原因です。

その時間感覚のゆがみを正すことで、物理的な時間も増えていきます。

本書では、時間感覚のゆがみを正すトレーニング方法について紹介されています。

この本を読んで分かること
  • 時間にまつわる勘違い
  • 時間感覚を正すトレーニング法
  • 自分の時間を取り戻す8週間プログラム

「仕事が速い」から早く帰れるのではない。「早く帰る」から仕事が速くなるのだ。

3つめにご紹介するのは、千田琢哉著「「仕事が速い」から早く帰れるのではない。「早く帰る」から仕事が速くなるのだ。」です。

この本は、タイトルが全てと言ってもいいかもしれません。

クビ覚悟で「午後になったら用事をでっち上げて帰宅する」ということをしていた著者の考え方や仕事論を学べます。

数か月後には集中力を研ぎ澄ませることで、けた違いのスピードで仕事を終えられるようになったとのことです。

この本を読んで分かること
  • 職場で一番先に帰る人のスタートダッシュ
  • 職場で一番先に帰る人の決断スピード
  • 職場で一番先に帰る人の人生ビジョン

6時に帰るチーム術 

4つ目にご紹介するのは、小室淑恵著「6時に帰るチーム術」です。

株式会社ワークライフバランス社長の小室淑恵さんが書かれた本です。

ワークライフバランスの必要性やそれを達成するためのチーム術が紹介されています。

6時に帰るチーム術の6つのステップは、以下のとおりです

  1. 現状を見える化する
  2. 課題とビジョンを共有する
  3. 仕事の中身と分担を見直す
  4. 評価ポイントを見直す
  5. 仕事の進め方を変える
  6. 変化を周囲に広げる
この本を読んで分かること
  • ワークライフバランスの必要性
  • 6時に帰るチーム術

エッセンシャル思考  

最後にご紹介するのは、グレッグマキューン著「エッセンシャル思考」です。

エッセンシャル思考とは、より少なく、しかしより良くやるための考え方です。

エッセンシャル思考の人は、大多数のものごとを不要だと考えます。

多くの些末なことをやらずに、決定的に重要なことだけに取り組むことで、大きな成果を生み出すという考え方です。

この本を読んで分かること
  • 自分の力を最大限の成果につなげるための方法
  • 自分の選択を自分に取り戻すための方法

【ワークライフバランス実現】時間を作りたい人におすすめの本のまとめ

自分の時間を作りたい方におすすめの本は以下の5冊になります。

  1. 神・時間術      
    著者 樺沢紫苑 
  2. 超時間術       
    著者 Daigo
  3. 「仕事が速い」から早く帰れるのではない。「早く帰る」から仕事が速くなるのだ。
    著者 千田琢哉
  4. 6時に帰るチーム術   
    著者 小室淑恵
  5. エッセンシャル思考  
    著者 グレッグマキューン

興味が沸いた本から、ぜひ読んでみて下さいね。

内容を実践することで、仕事のスピードアップ、自分の時間アップという成果が徐々に現れてきます。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

ひろ

こんにちは、ひろと言います。

京大院卒でメーカーに勤める40代の材料エンジニアです。
最近は、年間100冊ペースで読書をしており、その内容や社会人生活で得た経験をこのブログでアウトプットしていきます。

ひろをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました